マレーシアで医師としての仕事はあるか

これからマレーシアで職を探している場合でも、医師の仕事ができるかどうかに興味を持っている人がいるのではないでしょうか。では、実際に現地で日本人が医療の面で働けるかというと、やはりかなり難しい面があります。その理由としては、日本の医学教育とマレーシアに置ける医学教育とでは、勉強をする内容に差が出てくる他、人種の違いによって対処をする方法も異なってくるので、現地の病院で、マレーシア人を相手に診察する事はできないのです。その一方で、現地で医学大学を卒業した後に、免許を取得した場合には、現地の人と同じ扱いにある為、より働ける病院の種類が増えるのです。

しかし、日本の医学免許を持っているから全く就労をする事ができない訳ではなく、日本人の患者を診る事を前提にした場合には特例が認められる事で、就労ビザを出してくれる事があります。特に、日系の企業が増えてくる事で、現地に在住する日本人の数が増えてきている事から、日本語を母国語とする医者が必要になってきているのです。

つまり、日本人のコミュニティーの中では診察が可能になるのですが、そのコミュニティーから一歩出た場合には、診察ができなくなるので、現地にある病院で働きたい場合には、医学免許を再度、現地で取り直す事が一つの手です。もしくは、今までの経験を証明する資料の英訳を大使館に持ち込んだ上で、特例が認められた場合には、現地での医学免許を取得する事ができる可能性もあるのです。

タグ

2013年8月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

日本人がマレーシアで働ける仕事とその業界

日本で徐々に増えてきている、海外に就職先を求める人々ですが、目的先としてマレーシアなどのアジア地域に目が向けられてきている大きな理由としては、これらの地区が発展途上にある事から、最もコネクションが強い日本人の就職率がかなり高くなっている事、そして生活をする場合も日本よりも安い価格帯で、かなりハイレベルな生活を営む事ができる事から、現地で転職を繰り返す事で、かなり長い間滞在をする人の数も増えてきているのです。また、日系の企業も製造業を中心として、かなり多くの会社が現地に支社を進出させてきている事から、駐在員として働く事を希望している人にとっても、かなりの確立で職を見つける事ができる場所と言えるのです。

では、この国で日本人に取って最もポピュラーな職種はどのようになっているのでしょうか。それは、大まかに2つの業者に人気が集中しており、一つ目は製造業、もう一つがサービス業になっています。まず、製造業の場合には、日系企業の中でも支社の中で営業や内勤を行う人が多い他、工場で勤務をする場合には、現地労働者の管理をする、もしくは技術者の教育を行う為に現地に滞在をする場合が多くなっています。

そして、サービス業の場合では、ホテルや旅行会社の中で、主に日本人の観光客や居住者に向けてのサービスを行う他、近年ではコールセンターでの業務も増えてきているので、このどちらかの業種で必ず職を見つける事ができます。特に、オンライン上で登録ができるJACリクルートメントなどの人材派遣会社を利用する事が、最も手っ取り早く仕事を見つける事ができる方法と言えるのです。

マレーシア求人ガイドというマレーシアでの仕事探しに役立つサイトがあります。(http://malaysia-job.net)参考まで読んでみるといいと思います。

タグ

2013年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

このページの先頭へ