日本語教師としてマレーシアで働く方法とは

マレーシアで職を見つける場合に最も需要があるジャンル、それが貿易業、製造業とサービス業の3つです。貿易業の中には、日本との取引を行っている会社が多くある事から、日本人を優先的に雇用する企業が多い他、製造業の場合では、技術者を現地の人々の教育の為に雇用する傾向が見られます。また、サービス業の面では、日系企業が多く支社を現地に持っている事から、日本人をメインとしたテレフォンオペレーターの職などを見つけやすくなっています。そして、その他の職業としては、日本語教師の職も現在では少しずつ多くなっています。その理由としては、企業の中で日本語を必要としている場所が多い事から、現地の人の中でも就職の為に日本語を勉強する人が多いので、徐々に需要が高まってきているのです。では、実際に現地で日本語を教える為には、どのように職を探す事ができるのでしょうか。

まず、最も確実な方法としては、プライベートレッスンを提供している個人系の専門学校に履歴書を送る事でしょう。これらの場所では、学校で教師の職を探す場合よりも必要とされる条件がクリアしやすい物になっているので、教員免許を有していない場合でも、日本語を教えた経験がある人であれば雇ってくれる可能性があるのです。

その一方で、大学の中で日本語を教える場合には教員免許を必要としている他、それぞれの学校によって最低限の経験が決められている事もあるので、事前に自分が就職したい場所の必要条件を確認しておく事がいいでしょう。

タグ

2013年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

このページの先頭へ