マレーシアでの仕事、就労ビザ取得の方法(最新)

これから海外に進出する事を考えている人の場合、ヨーロッパの他にもアジア地区に進出をする事を考えている人もいるかもしれません。特に、発展途上国のマレーシアの場合は、日系企業が数多く進出をしてきている他、日本との取引を行っている現地の企業も数多くある事から、日本人を優先的に雇う企業が多くなっており、これから海外進出を考えている人に取ってはかなり好都合な国と言えます。また、仕事を探す場合には、日本人の募集人数に比べて応募が少ない事から、ある程度の日常会話ができるのであれば、企業内で雇ってくれる可能性が高くなっています。そしてその際に問題になってくる就労ビザですが、どのような手続きが必要になっているのでしょうか。

まず、外資系の製造業の場合であれば、外国人の管理職に関しては最大10年間就労できる他、一般職に関しては5年間の就労と決まっています。その他、現地においてサービス業に携わるのであれば、特に就労期間が設定されていないのですが、雇用パスと呼ばれるタイプの就労許可書を申請する事が必要になってきます。しかし、正社員として雇用をしてくれる会社を見つけた場合には、許可書の申請も自動で行ってくれる為、特に心配する必要はありません。

ですので、許可書の発行を行ってくれる職を探すのであれば、海外での就労をメインとした人材派遣会社に登録をしておく事が、求めている条件に合わせて会社を選んでくれるため、非常に便利な方法と言えます。

タグ

2013年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

このページの先頭へ