マレーシア求人移住TOP画像

最新情報

2013年12月30日マレーシア求人移住サポーター
海外移住、マレーシアで仕事をする方法
2013年11月18日マレーシア求人移住サポーター
マレーシア移住と就職を実現する方法
2013年10月8日マレーシア求人移住サポーター
マレーシア留学、現地就職の方法とは
2013年9月17日マレーシア求人移住サポーター
マレーシアはビザ無しで仕事に就くのはNG?
2013年8月12日マレーシア求人移住サポーター
マレーシアで医師としての仕事はあるか

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

海外移住、マレーシアで仕事をする方法

海外で仕事をする場合でも、日系の企業に働きながら、短期間~長期間の間現地で働き、最終的には日本で職に就く方法から、現地で転職をする事で正社員として現地の企業に就職をし、留まるような方法があります。そして、これから海外で働く場合でもマレーシアで働くことを考えている場合にはこの選択肢の幅がかなり広くなっており、出張という形で短期の間のみ、支社で働くような方法の他に、現地に移住をする事で職を探すような方法もあります。

しかし、どちらの方法が最もいいのかは、その人がどのように就職活動をしたいのか、どこで生活をしたいのかによって異なっています。では、これから就労する場合でも、現地に移動をしてから働く場合にはどのような方法があるのでしょうか。

まず、国を変える前に準備しておきたい事としては、海外企業に就職を希望している人をメインとして作られたエージェントに登録をしておくといいでしょう。これらの場所に登録をしておくと、国内に居ながら次の転職先や就職先を見つける事ができるので、現地に観光ビザで入ってから職を見つける場合よりも、かなりスムースに事を進める事ができる他、早い段階から職場を見つける事ができる可能性もあるので、お勧めの方法です。

そして、現地に移動をしてからは、すぐさま労働許可書を発行してもらう事、その企業内での契約期間を確認し、契約を更新できるかという事も事前に効いておく事が、現地に越してから、なかなか入居場所や職場が見つからないというトラブルを避ける為には大切な方法と言えます。

タグ

2013年12月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシア移住と就職を実現する方法

日本人の中で、海外で仕事をしたいと考えている人の中でも、非常に人気のある国としてマレーシアがあります。そして、この国に移住をする場合には日系企業の駐在員として現地に滞在をする他に、技術者として現地の人の教育に回る事などもあります。しかし、日本における駐在員の募集はかなり限られている他、毎回倍率が高くなっているので、最も確実な方法としては、現地での採用を利用した移動の方法があります。

この方法の大きなメリットとしては、日本の国内で駐在員の職を探す場合よりも可能性が高くなっており、より自分の専門性を生かす事ができるような職を選ぶ事ができるという事です。ですので、これから現地に移り住んでからの就職を考えている場合には、まずは現地に入国をする事で、日系やローカル系の企業の求人を現地でも集める事ではないでしょうか。もしくは、出国をする以前から、海外で職を探す日本人の為のオーシャンズなどの海外移住サポートを利用してみる事も一つの手かもしれません。

そして、現地での採用を考えて日本から移動をする場合には、ビザを持っていない場合でも90日間の滞在までは認められているので、この期間のうちに、できる限り多くの企業を回ってみる事や、現地にある人材派遣サービスを利用してみる事も、自分にあった職場を見つける為の一つの方法と言えるのです。ですので、どのように職場を見つけるのかは自分の人生設計に伴って考える必要がある他、駐在員として日系の企業で働く場合と、現地の企業に入社をする場合とでは、働く場合の環境が全く異なっているという事を把握した上で職を探していくようにするといいでしょう。

タグ

2013年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシア留学、現地就職の方法とは

今の日本では海外に留学をする学生の率が増えてきている他、社会人としてしばらく会社の中で経験を積んだ後に、語学力を磨く為にも、海外で専門学校に通う日本人の数も増えてきています。そして、ビジネスで必ず必要になってくる英語力を磨く為に、なるべく安い値段帯で学びたいと考えている人に最適な場所、それがマレーシアです。この国では、日本で生活する場合よりも掛かってくる家賃や生活費をかなり低く抑える事ができるので、人によってはかなり住みやすい環境と言えるのです。また、現地の大学で経験を積む場合には、日本国内で大学を出た後に海外で働く場合よりも、より国の職状況や言葉を知る事ができます。特に、英語を話す事ができるだけではなく、マレー語を話す事ができる事は、現地の仕事を見つける場合でもかなり大きなプラスになってきます。

今は、海外に職を探して移住をする人が少しずつ多くなってきているのですが、できる限り就職の機会をつかみたい場合には、英語だけではなく、マレー語もある程度習得し、現地の人とより簡潔にコミュニケーションを取れるようにしておく事が大きな鍵になる事があります。

また、駐在員として日本の企業の中で働く場合よりも、より現地の人と同じ立場に立ち、国民の一人として企業を作り上げていく達成感があります。ですので、自分の力を試してみたいという人は、現地の大学を卒業した後に、マレー人と共に職を探してみる事も面白いかもしれません。

タグ

2013年10月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシアはビザ無しで仕事に就くのはNG?

海外で働く事を考えている人の中でも、イギリスやアメリカなどと並んで人気がある国、それがマレーシアです。この国では、日本の企業が現地に多く進出をしてきている事から、以前よりも日本人を積極的に雇う企業が多くなってきており、現地でもある程度のコミュニケーション能力があれば職に就く事ができるという事が大きな魅力でしょう。

その他にも、マレーシアで生活をする場合に掛かってくるコストは、日本で生活をする場合や、シンガポールなど、近くにある国よりも遥かに安くなっている事から、今までシンガポールで勤務をしていた日本人がマレーシアに移住をしてくる事も少なくありません。また、日本人の求人率が多い事から、まず確実に仕事を見つける事は可能ですが、もし、ビザなしで職に就いた場合には法律で罰せられる可能性があるので、気をつけたい所です。

また、職場を探す場合も、他の国と同様に裏のマーケットが確立されているのですが、これらの場所で働く場合には、給料が一般の企業よりも低くなっている他、保険に加入する事ができない、職の内容に危険を伴う可能性があるなど、生活に支障がでる可能性も十分に考えられます。そして、不法労働が発覚する事で強制退国になった場合には、再度入国をする事ができなくなるなどの、かなり重い刑が課される事があります。ですので、これから現地で職を探す場合には、裏の職に就くのではなく、しっかりと就労許可書を申請した上で就労する事が、このような刑を避ける為にも重要です。

タグ

2013年9月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシアで医師としての仕事はあるか

これからマレーシアで職を探している場合でも、医師の仕事ができるかどうかに興味を持っている人がいるのではないでしょうか。では、実際に現地で日本人が医療の面で働けるかというと、やはりかなり難しい面があります。その理由としては、日本の医学教育とマレーシアに置ける医学教育とでは、勉強をする内容に差が出てくる他、人種の違いによって対処をする方法も異なってくるので、現地の病院で、マレーシア人を相手に診察する事はできないのです。その一方で、現地で医学大学を卒業した後に、免許を取得した場合には、現地の人と同じ扱いにある為、より働ける病院の種類が増えるのです。

しかし、日本の医学免許を持っているから全く就労をする事ができない訳ではなく、日本人の患者を診る事を前提にした場合には特例が認められる事で、就労ビザを出してくれる事があります。特に、日系の企業が増えてくる事で、現地に在住する日本人の数が増えてきている事から、日本語を母国語とする医者が必要になってきているのです。

つまり、日本人のコミュニティーの中では診察が可能になるのですが、そのコミュニティーから一歩出た場合には、診察ができなくなるので、現地にある病院で働きたい場合には、医学免許を再度、現地で取り直す事が一つの手です。もしくは、今までの経験を証明する資料の英訳を大使館に持ち込んだ上で、特例が認められた場合には、現地での医学免許を取得する事ができる可能性もあるのです。

タグ

2013年8月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

日本人がマレーシアで働ける仕事とその業界

日本で徐々に増えてきている、海外に就職先を求める人々ですが、目的先としてマレーシアなどのアジア地域に目が向けられてきている大きな理由としては、これらの地区が発展途上にある事から、最もコネクションが強い日本人の就職率がかなり高くなっている事、そして生活をする場合も日本よりも安い価格帯で、かなりハイレベルな生活を営む事ができる事から、現地で転職を繰り返す事で、かなり長い間滞在をする人の数も増えてきているのです。また、日系の企業も製造業を中心として、かなり多くの会社が現地に支社を進出させてきている事から、駐在員として働く事を希望している人にとっても、かなりの確立で職を見つける事ができる場所と言えるのです。

では、この国で日本人に取って最もポピュラーな職種はどのようになっているのでしょうか。それは、大まかに2つの業者に人気が集中しており、一つ目は製造業、もう一つがサービス業になっています。まず、製造業の場合には、日系企業の中でも支社の中で営業や内勤を行う人が多い他、工場で勤務をする場合には、現地労働者の管理をする、もしくは技術者の教育を行う為に現地に滞在をする場合が多くなっています。

そして、サービス業の場合では、ホテルや旅行会社の中で、主に日本人の観光客や居住者に向けてのサービスを行う他、近年ではコールセンターでの業務も増えてきているので、このどちらかの業種で必ず職を見つける事ができます。特に、オンライン上で登録ができるJACリクルートメントなどの人材派遣会社を利用する事が、最も手っ取り早く仕事を見つける事ができる方法と言えるのです。

マレーシア求人ガイドというマレーシアでの仕事探しに役立つサイトがあります。(http://malaysia-job.net)参考まで読んでみるといいと思います。

タグ

2013年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

日本語教師としてマレーシアで働く方法とは

マレーシアで職を見つける場合に最も需要があるジャンル、それが貿易業、製造業とサービス業の3つです。貿易業の中には、日本との取引を行っている会社が多くある事から、日本人を優先的に雇用する企業が多い他、製造業の場合では、技術者を現地の人々の教育の為に雇用する傾向が見られます。また、サービス業の面では、日系企業が多く支社を現地に持っている事から、日本人をメインとしたテレフォンオペレーターの職などを見つけやすくなっています。そして、その他の職業としては、日本語教師の職も現在では少しずつ多くなっています。その理由としては、企業の中で日本語を必要としている場所が多い事から、現地の人の中でも就職の為に日本語を勉強する人が多いので、徐々に需要が高まってきているのです。では、実際に現地で日本語を教える為には、どのように職を探す事ができるのでしょうか。

まず、最も確実な方法としては、プライベートレッスンを提供している個人系の専門学校に履歴書を送る事でしょう。これらの場所では、学校で教師の職を探す場合よりも必要とされる条件がクリアしやすい物になっているので、教員免許を有していない場合でも、日本語を教えた経験がある人であれば雇ってくれる可能性があるのです。

その一方で、大学の中で日本語を教える場合には教員免許を必要としている他、それぞれの学校によって最低限の経験が決められている事もあるので、事前に自分が就職したい場所の必要条件を確認しておく事がいいでしょう。

タグ

2013年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシア企業と貿易・取引がある日本企業で仕事をするには

日本の国内の中でもマレーシアと貿易の関係を結んでいる会社は非常に多い他、現地に支社を持っている企業も増えてきました。そして、これらの企業の中で働く場合には、現地で駐在員として働く事ができる可能性がある他、自分の英語力を伸ばし、転職をする場合のプラスとなるようなキャリアを積む事ができる可能性もあるので、駐在員の仕事などを探す事も、これから海外に移住をしたいと考えている人にはいいかもしれません。では、これから国内の中でもこの国と関係のある日本の企業を調べる為には、どのような方法があるのでしょうか。

まずは、日本の一般的な求人サービスを利用する事や、ハローワークなどを利用する方法があります。特に、ハローワークなどの公共の求人募集サービスを利用する場合には、オンラインで参照する事ができない職を見つける事ができる可能性がある他、より自分の専門分野に特化した職を見つける事ができる可能性もあります。

そして、その次の方法としては海外での就職をメインとした派遣業者に登録をしておく事で、国内でも駐在員の派遣を行っている企業の情報を積極的に探していくような方法があります。しかし、日系企業の海外支社において駐在員として働く方法は、職の種類によっては、現地で社員として就職をする場合よりも難しい場合があるので、どのようなジャンルの職に就きたいのかを明確に決めた上でどのエージェンーを利用して求人を探すのかを考えておくといいでしょう。

タグ

2013年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシアへのワーキングホリデー、仕事探しはどうする

現地で語学を学びながら仕事をする事ができる事で人気のあるワーキングホリデーですが、これからマレーシアに滞在をする場合には、この方法を利用する事が、比較的安い値段で英語を勉強する事ができる他、将来的に現地で仕事を探したいと考えている人に取っては大きなプラスになります。

特に、日系の企業が増えてきている国である事から、日本人の募集率がどの会社でもかなり多くなっている一方で、なかなか応募者が足りない事から、希望者の取り合いのような状況が現地では起こっているのです。また、その他にも、ワーホリビザで現地に入る場合でも、仕事探しをする場合には、かなり多くの業者が日本人を探している事から、現地の人材派遣会社に早いうちから登録しておくと、ワーホリビザの期限が切れると同時に、労働ビザへの切り替えをしてくれるような企業も見つかる可能性があります。

この国にワーホリで行く事のメリットは、英語を話す人が多い事から、英会話を勉強したい人にとっても利用しやすい国になっているという事、そして、将来的に海外で仕事をしたいと考えている人にとっても、海外の企業の中で経験を積む事ができる可能性がある事から、キャリアを積む面でも大きなプラスになるのです。ですので、これからワーホリを利用して語学を勉強するとともに、現地で就職活動を始めたいと考えている人は、是非、現地の人材派遣会社を利用する、もしくはJACリクルートメントなどの海外就職を念頭においたオンラインサービスを利用する事が効果的な方法と言えるのです。

タグ

2013年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

マレーシアでの仕事、就労ビザ取得の方法(最新)

これから海外に進出する事を考えている人の場合、ヨーロッパの他にもアジア地区に進出をする事を考えている人もいるかもしれません。特に、発展途上国のマレーシアの場合は、日系企業が数多く進出をしてきている他、日本との取引を行っている現地の企業も数多くある事から、日本人を優先的に雇う企業が多くなっており、これから海外進出を考えている人に取ってはかなり好都合な国と言えます。また、仕事を探す場合には、日本人の募集人数に比べて応募が少ない事から、ある程度の日常会話ができるのであれば、企業内で雇ってくれる可能性が高くなっています。そしてその際に問題になってくる就労ビザですが、どのような手続きが必要になっているのでしょうか。

まず、外資系の製造業の場合であれば、外国人の管理職に関しては最大10年間就労できる他、一般職に関しては5年間の就労と決まっています。その他、現地においてサービス業に携わるのであれば、特に就労期間が設定されていないのですが、雇用パスと呼ばれるタイプの就労許可書を申請する事が必要になってきます。しかし、正社員として雇用をしてくれる会社を見つけた場合には、許可書の申請も自動で行ってくれる為、特に心配する必要はありません。

ですので、許可書の発行を行ってくれる職を探すのであれば、海外での就労をメインとした人材派遣会社に登録をしておく事が、求めている条件に合わせて会社を選んでくれるため、非常に便利な方法と言えます。

タグ

2013年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マレーシア求人移住サポーター

このページの先頭へ